いろいろな奨学金最新の記事

奨学金の問題点

経済的に進学が困難な学生でも、希望の大学などで勉強が出来るという奨学金制度は、とてもメリットが多くあるのですが、問題点もあります。
奨学金制度を行っている機関は様々ありますが、貸与の審査基準が厳しい場合も多く、必ず制度が利用できる訳ではありません。
書類の提出も多く、世帯収入も公的証書で提出し、学生の学力の高さや健康状態なども厳しい審査基準となっています。
奨学金は最短の期間を設定しているため、留年してしまった場合などの学費は支給されず、結局辞めてしまうという人も多くいます。
卒業後に返済する義務がありますが、返済が滞るとブラックリストに載ってしまい、将来の住宅ローンや車のローンにも影響が出ますので注意が必要です。
新聞奨学金の場合、労働が契約とは違い休み無く毎日働かされ、勉強する時間もなく、過労死してしまったという問題も起きています。
新聞奨学金は卒業まで働くという契約なので、仕事を辞めれば大学へも通えないと言うことがあるため、辛くてもそのまま働かざるを得ないという現状があるのです。
奨学金制度はとても助かる制度として、多くの学生が利用し、勉学に勤しんでいますが、卒業後の返済などを良く考えて決める事が大切です。

いろいろな奨学金について

奨学金は海外留学を希望する学生が利用する事も可能になっていて、多くの機関が勉学に熱心な学生をサポートしています。
カテゴリー
更新履歴
奨学金の問題点(2009年6月 5日)
新聞社と奨学金(2009年6月 5日)
日本学生支援機構の奨学金(2009年6月 5日)
予約奨学金とは(2009年6月 5日)
留学と奨学金(2009年6月 5日)