Top > 新聞社と奨学金

新聞社と奨学金

新聞社での奨学金制度とは、都市群の新聞社が学費全額や一部を負担し、学生に新聞配達などの仕事を行って貰うという制度になっています。
普通の奨学金は卒業後に返済する義務がありますが、新聞社の制度の場合は卒業まで業務を行うため、返済の義務は発生しません。
入学から卒業まで新聞配達を行い、そのアルバイト代で奨学金の返済を行うと考えれば早く、足りない場合は差額金の返済を行う必要があります。
生活を送る部屋の提供もあるため家賃の心配もなく、食事も安く食べられるような新聞社が多いため、余分なお金がかからないで済むというメリットがあります。
早朝の3時頃に起床し、新聞配達を終えてから大学や短大へ登校し、帰宅したら夕刊の準備と配達を行うと言うことで、慣れるまでは大変です。
その間に勉強も行う必要があるため、学業と仕事のバランスを取るのが難しく、問題点も多くあるのが現状です。
新聞奨学金制度は実験や実習が多い理系の学生の募集は行っておらず、不規則な授業の多い分野の人には合いません。
労働の大変さと勉強のバランスがとれず辞めてしまう人もいますが、この場合奨学金を一括で返済する必要があります。
卒業まで辞めないという契約で奨学金が支払われるため、この制度を利用しようと考えている人は、制度を良く理解してから申し込むことが大切です。

 

 犬のダイエット1  犬のダイエット食  犬の病気1  犬の病気2
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
奨学金の問題点(2009年6月 5日)
新聞社と奨学金(2009年6月 5日)
日本学生支援機構の奨学金(2009年6月 5日)
予約奨学金とは(2009年6月 5日)
留学と奨学金(2009年6月 5日)